ブログ

大宮商業高校内分校(仮称)へのお手伝い

11月8日(水)、大宮商業高校内分校(仮称)の入学選考説明会にお邪魔してきました。開設準備員(主幹教諭)がサボっていたわけではないのですが、これまでタイミングが全然合わず、個人的には初めて大宮商業高校に足を踏み入れました。

昭和28年開校ということもあり、歴史の重さを随所に感じました。校舎の造りも三郷北とは全く異なり、逆に新鮮な感覚でした。学食もありました。「爆弾揚げパン」というココアをまぶした揚げパンに生クリームとチョコレートソースがトッピングされている、神がかった揚げパンが売っており、開設準備員(主幹教諭)は秒で買いました(笑)。

ちなみに、参加者への案内係として、ちゃんと仕事はしてまいりました。

大宮商業高校内分校(仮称)開設準備室の皆さま、大宮商業高等学校の皆さま、ありがとうございました。