ブログ

細かい部分ですが…

分校エリアの廊下や各教室の改修工事が順調に進んでいる中で、業者さんの丁寧な仕事に気が付いたので、ぜひお知らせしたいと思います。

工事の途中で古い床材を撤去した際に気づいてはいたのですが、廊下と教室の境目に数センチの段差があったんです。この段差はどうなるんだろう?と思っていたところ、先日写真のような作業をしてくれました。

コンクリートで廊下と教室の境目の段差を埋め、フラットな状態にしていただきました。写真を撮影した時は、まだコンクリートが固まっていなかったので、乾く前の濃い灰色になっている部分と、もともとの廊下部分、乾き始めた部分と色の違いがいろいろと見てとれます。

この作業のおかげで、段差のない安全な活動しやすい環境が、また一つ整いました。細かな部分ではありますが、大切な要素です。